森元康介(Kosuke Morimoto)
 
1979 0129、愛知県生まれ。みずがめ座A型コアラ。
1983 近所の保育園に入園。みどり組。
1984 しろ組。ピアニカ隊の指揮者に選ばれるが辛い練習に耐えられず、ある朝母親の隙を見てスモック着たままマンションの最上階に逃亡。スイミングに通い始める。かえる級の課題“ボビング”ができず、これまた軽く登校拒否。
1985 小学校入学。当時のフェイバリットは『ボヘミアン/葛城ゆき』習字を習いにゆく。
1986 なんだかんだいって光GENJIはカッコよく見えたものだ、夢はフリーダム。内海派だった気がする。個人的ファミコン全盛期。
1987 特に思い出のない年もあります。人間だもの。
1988 トランペット鼓隊に入部。分かっちゃいたけど女だらけで激しく後悔(男子4人)。雪の日、階段ですべってトレードマークの前歯2本をポッキリ。みなさん、僕には本当の前歯がないんです。TM NETWORKとの運命の出会い。
1989 当時の親友と「花の木カルチャーサービス」(HKS)なるものを結成。よく見ると“カルチャー”なのに“K”…。朝から晩まで頭の中はTM一色。♪トゥイン!クルナイ!
1990 水泳部部長、部長は平泳ぎ専門です。バス釣りに行ったはずなのにおれのまぶたが釣られた。ついムラムラっときて掃除中に非常ベルを鳴らす。『ほうきが当たって…』と苦しい言い訳。
1991 中学校入学。徐々にHM/HRに傾倒してゆく。お気に入りは『USE YOUR ILLUSION 1, 2/GUNS N' ROSES』やめときゃいいのにバスケ部に入部。
1992 ギターをはじめる。マイ・ファースト・ギターはスクワイアの激安ストラト、クラプトン色。これをマーシャルのおもちゃアンプで鳴らしていた。やっぱり最初は「禁じられた遊び」から。でどんな遊びなの?
1993 朝から晩までバスケ&ギター。夕方小学校の校庭でバスケの練習中、知らないおじさんにいかがわしい事を要求され走って逃げた。現在もある意味トラウマ。一番好きな食べ物はモスバーガー。
1994 英語科の高校に入学。分かっちゃいたけど女だらけで激しく後悔(女子70人、男子10人)。いや、本当に楽しかった高校生活。また懲りずにバスケ部に入部。
1995 バスケに懲りた。放課後、教室で歌い始めるとともに宅録開始。当時1番人気だったのはドン底人生から這い上がる男の生き様を赤裸々に詠った名曲『ツルでした』歌や作曲が楽しくなってきたころ。
1996 選択授業を全部英語にしたら英語が17H/週に…。英語科バンド“パラダイス銀河”(以下、パラ銀)で文化祭に臨む。放課後は教室でギターと歌本片手に大合唱、そんな日々が続く。
1997 4月渡米、Musicians Instituteに入学。講師陣の異常なテクを目の当たりにしてすっかりやる気をなくす。カリフォルニア州の運転免許をとったはいいが実技で2回落ちてるだなんて誰にも言えない。谷啓似の日系教官との確執。
1998 10月帰国。あれ、みんなポケベルは?シャズナって誰よ?缶ジュースが120円?!日本は変わってしまった…。名古屋駅内の居酒屋でバイトしつつ、休日はハードディスクレコーダーで本格的に作曲開始。
1999 5月、何かに憑りつかれたように上京。カラオケのテロップ制作というマニアックな仕事に手を出す。その職場で路上相方(現・Goring Records代表)と出会い、回転寿司のいろはを教わった。その節はどうも。
2000 記念すべき2000年の幕開けをマイケル富岡と迎える。2月頃から葛西駅・品川駅などで路上ライヴはじめる。4月、着メロ職人に転職。10月1日、つい出来ごころでホームページ開設。
2001 6月1日、作曲家に。デビュー作『IS IT YOU?/hitomi』が日本レコード大賞金賞受賞ー、ってせめてこれくらいは言わせてください。そして21世紀も引き続き、ケーキバイキングに行ってくれるひと募集中。
2002 鬼マネージャーの鬼営業のおかげで鬼のような発注に囲まれて昼も夜も平日も週末も関係のない日々を送る。楽器可の部屋にお引っ越し。ケーキバイキング参加者の募集は終了しました。
2003 厄年で大吉、のわりにあんまり思い出はない。DAKARAを箱買いしてることが社長にバレ、定例会で『DAKARA禁止令』が出る。ボイトレに通いだすが課題曲はなぜかメタルばかり。勢いで作詞家デビュー。
2004 引っ越し、新しい部屋が一日中揺れているので地震がきてもよく分からない。眠い。
2005 事務所が消滅!(笑)5月、凶悪ウィルスによる高熱でダウン。過去最高体重をマーク、そろそろ危ない。12月、念願の近視矯正のレーザー手術を受ける。メガネなアイツにセイ・グッバイ。
2006 カメラとダーツとギターの改造と岡村靖幸にハマる。毎日のようにアメリカから錆びだらけのパーツが届く、そんな素敵な日々。ヘポタイヤー!
2007 『愛のうた/倖田來未』が日本レコード大賞金賞受賞、めでたいことなので言わせてください。詞も共作だったのでうれしかった。引っ越し、別に引っ越しマニアではない。
2008 特に思い出のない年もあります。人間だもの。
2009
DTM100Q